Top >  病気の基礎知識 >  病気にかかるのはどうして?

病気にかかるのはどうして?

感染から発病、免疫をつけるまでの流れを説明しますね。


1.病原菌はいつも、蔓廷しているものです

  
  ウイルスや細菌の種類は、数多くのもが存在します。

  それぞれ活動しやすい季節があり、1年中蔓廷しています。


2.感染経路は、いろいろなルートがあります

  
  くしゃみや咳などからも、感染することは良くあります。

  また、病気じゃなくて病院に行ったのに

  感染してしまうという場合もあります。


3.病気には、潜伏期間があります

  
  からだに侵入した病原体は、すぐに感染や発病はしません。

  数日してから発病したり、体内に潜伏していることが多いです。


4.発熱することで、免疫システムが稼働します

  
  発熱した場合、発熱することで病原体と戦っています。

  なので、少しの熱で座薬などを使わずに、

  少し戦わせることも必要です。


5.病原体と戦うことで、免疫がつきます

  
  病気になり、それと戦うことで病原体に対する免疫がつきます。

  それによって、病気にかかりにくい体になっていくのです。


子供ほど、大人は熱を出したり病気になったりしませんね。

それは、成長とともに免疫がついていくからですね。


また、自分で体調管理をすることが出来るので

病気になりにくくなるのです。

         

病気の基礎知識

乳幼児の時期は、
熱を頻繁に出したりするものですね。

それはどうしてなのか、
病気に関する基礎知識を紹介します。

病気や熱に悩むママさん達が、
少しでも悩みが解決されればいいです。

このカテゴリ内の記事


乳幼児の病気
病気にかかるのはどうして?
アレルギーとは?







Yahoo!ブックマークに登録