Top >  目の病気 >  斜視

斜視

片側の目が、内側・外側・上下に

寄ってしまっている状態です。


そのため、視線が合わない病気です。


【原因】


先天的な目の筋肉、神経の異常、

脳の機能的な問題などが原因です。


また遠視、事故やケガなどが原因で

なることもあります。


【症状】


症状は3つあり、本当の斜視ではない

偽斜視というものもあります。


斜視の種類によって、症状も異なってきます。


< 内斜視 >


片方の目が内側に寄っていて、

子どもに多い症状の一つでもあります。


生後6ヵ月までに発症した場合は、

乳児内斜視と言います。


2ー3歳に発症した場合は、

調整内斜視と言います。


調整内斜視では、

遠視をともなうことが多く見られています。


< 外斜視 >


片方の目が外側を向いていて、

外斜視にもは2種類あります。


いつも外斜視になっている場合、

恒常的斜視と言います。


遠くを見たり、ぼんやりした時に

外斜視になる場合、間欠的外斜視と言います。


間欠的外斜視の場合、

治療をすれば治ることが多いようです。


< 上下斜視 >


片方の目が、

上や下に向いている斜視のことを言います。


< 偽斜視 >


赤ちゃんは鼻が低いため、

両目が開いているように見えます。


そのため、目が斜視に見えるような時があります。


これは、成長すれば

斜視には見えなくなりますので心配ないです。


鼻の付け根をつまんだ時に、

黒目が中央にあれば大丈夫です。


斜視かも、と心配であれば

眼科で診てもらいましょう。


【ケア】


放っておくと、寄っている目の視力が

発達していきません。


斜視かなと思ったら、

眼科で一度診てもらうことが一番でしょう。


必要に応じて、

手術する人もなかにはいます。


専門医にきちんと診てもらって、

治療をしていくようにします。

         

目の病気

子どもの時期は、
視力をやしなう大事な時期でもありますね。

現代社会では、ゲームなどが遊び道具で
目を悪くする傾向がみられます。

目も大事な部分なので、
目の病気も把握しておきましょう。

このカテゴリ内の記事


結膜炎
斜視
屈折異常 
睫毛内反(さかさまつ毛) 
先天性鼻涙管閉塞  







Yahoo!ブックマークに登録