Top >  気管・気管支・肺の病気 >  気管支炎

気管支炎

たんが絡んだような、

激しい咳が出る病気です。


高熱が出ることもありますが、

個人差があります。


【原因】


子どもや赤ちゃんに多いのが、

急性気管支炎というものです。


原因は、ウイルスや細菌からきている病気です。


風邪の症状に続いておきることが多いようです。


急になる場合のことを、急性気管支炎と言います。


【症状】


のどから気管支にまで

炎症が進むために激しく咳こみます。


最初は乾いた咳ですが、

後から湿ったものに変わってくるようです。


また個人差はありますが、

高熱が出る子も中にはいるようです。


食欲が減り、元気もなくて

機嫌が悪くなることが多いみたいです。


【ケア】


安静にしていれば、

治ってしまう場合も少なくありません。


咳がひどいと、体力を消耗して

病気が治りにくくなってしまいます。


咳がひどく、咳きこみすぎると

嘔吐してしまう子もいます。


嘔吐してしまうと、

栄養が取れなくなり治りにくくさせますね。


咳がひどいようであれば、

病院で診てもらうことをおススメします。


せき止め、たんを出しやすくする薬を

処方してもらえますよ。


また、気管支炎が悪化すると

肺炎になる恐れがあります。


肺炎になってしまったら大変なので、

なるべく悪化させないようにしましょう。

         

気管・気管支・肺の病気

子どもは、気道に症状が出る病気に
かかりやすいものです。

中には重い病気もありますので、
知識を備えておきましょう。

特になりやすい気管などの病気を
ピックアップして詳しく説明していきます。

このカテゴリ内の記事


急性喉頭炎(クループ症候群)
かぜ症候群
細気管支炎
気管支炎
肺炎







Yahoo!ブックマークに登録