Top >  感染する病気 >  尿路感染症

尿路感染症

尿道や膀胱、腎臓などの

尿経路のどこかから感染します。


その感染によって、

炎症をおこしてしまう病気です。


【原因】


細菌の感染によっておきますが、

原因に多いのは大腸菌です。


新生児や赤ちゃんに多いのも、

大腸菌が80%ほど占めています。


腎臓が中心に感染がおこったものを

上部尿路感染症と言います。


膀胱炎が中心の症状を示すものを

下部尿路感染症と呼びます。


【症状】


上部尿路感染症の場合、

発熱、頻尿(尿の回数が多い)、排尿痛、血尿、

腹痛、嘔吐などの症状があります。


下部尿路感染症の場合、

頻尿、排尿痛、頻尿などの症状があります。


どの部分に感染したかで、症状が変わってきます。


【ケア】


原因が分かれば、それに合った抗生物質を処方してもらえます。


尿路感染症は、

一回かかると繰り返す傾向があります。


繰り返すと慢性腎炎の原因になりますので、

再発を予防することが大切ですよ。

         

感染する病気

病気の多くは、ウイルスや細菌による感染症です。
普段から手洗い・うがいを心がけるのも必要ですね。

感染する病気を、紹介していきたいと思います。

このカテゴリ内の記事


突発性発疹
麻疹(はしか)
風疹(三日はしか)
水痘(水ぼうそう)
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
インフルエンザ
百日ぜき
伝染病紅斑(りんご病)
尿路感染症







Yahoo!ブックマークに登録