Top >  皮膚の病気 >  脂漏性湿疹

脂漏性湿疹

新生児から生後3ヶ月頃の

赤ちゃんにみられます。


首から上の頭、ほほやおでこにできる

湿疹です。


【原因】


新生児期から3カ月くらいまでは

皮脂の分泌が非常に活発な時期ですので

皮脂の量が非常に多く、湿疹になってしまうのです。


体質や皮膚の丈夫さが関係し

なりやすい子となりにくい子がいます。


【症状】


頭のなかにうろこのようなものができたり、

おでこや頭にカサカサしたふけのようなものが

できたりします。


【ケア】


できるだけ乾燥させる方が良いと

されています。


毎日入浴させて、

肌を清潔に保つことが一番です。


かさぶたが取れてジュクジュクすると、

ばい菌が入ってしまう可能性もあります。


そのときは小児科や皮膚科を受診し、

抗生物質入りの軟膏を塗ってあげたり、

皮膚を保湿するような薬を使ったりします。


長くても1年くらいでよくなってきます。


毎日お風呂に入れて、

肌を清潔に保てるように心がけましょう。

         

皮膚の病気

赤ちゃんの肌は、乾燥しやすくて敏感肌ですよね。

ちょっとした刺激などでも、
肌に影響がでる場合もあります。

そんな赤ちゃんの皮膚の病気について
詳しく解説します。

このカテゴリ内の記事


乳児湿疹
脂漏性湿疹
おむつかぶれ
あせも(紅色汗疹)
伝染性軟属腫(水いぼ)
ガンジダ皮膚炎







Yahoo!ブックマークに登録