Top >  気管・気管支・肺の病気 >  肺炎

肺炎

炎症が、肺にまで進んでしまった状態のことを言います。


子どもが肺炎になる場合、

3つの肺炎が考えられます。


< ウイルス性肺炎 >


インフルエンザウイルスなどの、

ウイルスが原因でおこります。


他の病気との合併症として

おきることも少なくありません。


高熱が出て、激しい咳が出る状態が何日か続きます。


しかし、ウイルスの種類によって

症状は少し異なってきます。


細菌性肺炎よりは、

症状は軽く済むことが多いようです。


< 細菌性肺炎 >


肺炎球菌、ブドウ球菌などの

細菌が原因でおこります。


肺炎にかかった場合、

ほとんどが細菌性肺炎のことが多いです。


高熱・激しい咳が出て、

呼吸困難をおこすこともあります。


他の肺炎に比べて、悪化しやすい肺炎

とも言えますので注意して下さい。


進行具合によっては、

命にかかわる場合もありますので

早めに病院に行きましょう。


< マイコプラズマ肺炎 >


微生物病原体である、肺炎マイコプラズマの

感染が原因でおこります。


咳によって、空気感染する病気です。


小さな子どもや、赤ちゃんには

あまり見られない病気です。


熱も高くなく、元気もある場合が多いようです。


しかし咳が長引くので、

抗生物質を処方をてもらうといいでしょう。


【ケア】


肺炎の場合、症状によって治療方法が変わってきます。


熱・咳がある場合は、

早めに病院で診てもらうことをおススメします。


呼吸困難をともなってる場合、

命にかかわる場合も考えられます。


すぐに病院へ行くか、

救急車を呼んでもいいでしょう。


ひどい子の場合は、入院することもあるので

小さい子は特に気をつけましょう。

         

気管・気管支・肺の病気

子どもは、気道に症状が出る病気に
かかりやすいものです。

中には重い病気もありますので、
知識を備えておきましょう。

特になりやすい気管などの病気を
ピックアップして詳しく説明していきます。

このカテゴリ内の記事


急性喉頭炎(クループ症候群)
かぜ症候群
細気管支炎
気管支炎
肺炎







Yahoo!ブックマークに登録