Top >  心臓・血管の病気 >  心室中隔欠損症

心室中隔欠損症

心臓の壁に、穴が開いている

という状態の病気です。


小さな穴なら、自然に塞がってしまうことも

多いと言われてます。


【原因】


はっきりした原因は、

不明となっているのでわかりません。


先天性心疾患の中で、一番発症の多いもので

約半数は占めているそうです。


(先天性心疾患とは、生まれつきの心臓の構造異常のことを言います)


【症状】


心臓には、2つの心室があるのは知っていますよね。


その心室の間の壁に、生まれつき

穴が開いてる状態のことを言います。


穴が小さい場合、心雑音があるだけで

他に症状がないことが多いです。


それに、普通の生活を送ることが出来るので

問題はありません。


穴が大きい場合、

呼吸がしずらかったりといった症状があります。


また、そのせいで

ミルクをあまり飲めない子も中にはいます。


ミルクが飲めない子は、

体重もなかなか増えず心配です。


【ケア】


経過を見ながら、治療を進めていくのが普通です。


しかし症状によっては、

手術をして穴を塞ぐ子もいます。


細菌に感染しやすいので、

虫歯などを作ってはいけないというのもあります。

         

心臓・血管の病気

血液を送り出す一番大事な部分と言えるのは
心臓ですよね。

その心臓に何かがある場合
命の危険を感じると言っても過言ではありません。

そんな心臓の病気について
まとめてみたので参考にして下さい。

このカテゴリ内の記事


心室中隔欠損症
アレルギー性紫斑病
ファロー四徴症
川崎病







Yahoo!ブックマークに登録