Top >  感染する病気 >  伝染病紅斑(りんご病)

伝染病紅斑(りんご病)

熱が出て、ほおが赤くなる病気のことを言います。


りんごのように赤くなるため、

りんご病とも呼ばれています。


【原因】


ヒトパルウイルスB19の感染によっておきる感染症です。

潜伏期間は、10ー20日間で発症します。


【症状】


ほおが、りんごのように真っ赤になっていきます。

1ー2日後、腕や足・胸や背中に

赤い発疹がレースのように出ます。


個人差にもよりますが、ほおが赤くなる2ー3日前に

微熱が出る子もいます。


微熱程度なので、気付かないことも多いですよ。

発疹は1週間もすれば消えますが、

また赤くなる人も中にはいます。


【ケア】


特別な治療はなく、特効薬もないので

自然に治すしかありません。


しかし妊婦さんにうつると大変なので、

気を付けて生活しましょう。


上の子がりんご病になり、

ママが妊娠している場合は気をつけましょう。


パパに面倒見てもらうなど、

なるべく感染しないようにします。


ほおの赤くなった部分に、かゆみを伴う子もいます。

かゆみがある場合、

医師に相談して薬を処方してもらいましょう。

         

感染する病気

病気の多くは、ウイルスや細菌による感染症です。
普段から手洗い・うがいを心がけるのも必要ですね。

感染する病気を、紹介していきたいと思います。

このカテゴリ内の記事


突発性発疹
麻疹(はしか)
風疹(三日はしか)
水痘(水ぼうそう)
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
インフルエンザ
百日ぜき
伝染病紅斑(りんご病)
尿路感染症







Yahoo!ブックマークに登録