Top >  目の病気 >  屈折異常 

屈折異常 

近視・遠視・乱視と、呼ばれているもののことです。

目のピント調整が、うまくいかない病気のことです。


【原因】


物を見る時、普通は

網膜のうえできちんと像を結びます。


網膜の手前で結ばれるのが近視、

後で結ばれるのが遠視です。


そのせいで、物がはっきりと

見えなくなってしまうのです。


乱視は角膜の位置によって、

屈折率が違うためにおこることが原因です。


乱視も、物がはっきりと見えにくい状態です。


【症状】


物や字がはっきり見えないため、

テレビなどを近くで見たがったりします。


また、物を見る時に目に近付けてみる傾向もあります。


このような動作をしていたら、一度眼科に行きましょう。


もしかしたら、近視・遠視・乱視のどれかかもしれません。


【ケア】


小さな子どもは、遠視なことが多くて

成長とともに治ります。


しかし、3歳すぎても症状が消えない場合は

早めに受診しましょう。


視力というものは、子どもの成長に合わせ

育っていくものなのです。


この時期に屈折異常があると、

弱視になってしまう可能異性があります。


治療のほとんどが、

メガネにを使用した治療になります。

         

目の病気

子どもの時期は、
視力をやしなう大事な時期でもありますね。

現代社会では、ゲームなどが遊び道具で
目を悪くする傾向がみられます。

目も大事な部分なので、
目の病気も把握しておきましょう。

このカテゴリ内の記事


結膜炎
斜視
屈折異常 
睫毛内反(さかさまつ毛) 
先天性鼻涙管閉塞  







Yahoo!ブックマークに登録