Top >  感染する病気 >  百日ぜき

百日ぜき

2ヵ月ほどの長期にかけて、

激しい咳が続くことを百日ぜきと言います。


DPT(三種混合)の予防接種を受けることで、

感染を防ぐことが出来ます。


【原因】


百日ぜき菌という細菌に

感染して起こる呼吸器感染症です。


潜伏期間は、1ー2週間で発症します。


【症状】


最初は、くしゃみや咳・鼻水・微熱などの風邪に似た症状です。


1ー2週間もすると、

咳がひどくなってきてしまいます。


せき込んだ後に、「レプリーゼ」という状態をおこします。


レプリーゼとは、

笛のような音を立てながら息を吸い込むことです。

それが2ー3週間続きますが、次第に減っていきます。


咳は、長いと2ヵ月ほど続く場合もあります。

しかし、これは個人差なので早く治る人もいます。


【ケア】


初期の症状で気付けば、抗生物質で治すことが出来ます。

ただの咳だからすぐ治る、なんて思っていたら甘いですね。


咳を防ぐには、部屋に湿度を与えて過ごすと良いでしょう。

乾燥する冬の季節は、加湿器なんかがあるといいですね。

         

感染する病気

病気の多くは、ウイルスや細菌による感染症です。
普段から手洗い・うがいを心がけるのも必要ですね。

感染する病気を、紹介していきたいと思います。

このカテゴリ内の記事


突発性発疹
麻疹(はしか)
風疹(三日はしか)
水痘(水ぼうそう)
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
インフルエンザ
百日ぜき
伝染病紅斑(りんご病)
尿路感染症







Yahoo!ブックマークに登録