Top >  気管・気管支・肺の病気 >  細気管支炎

細気管支炎

気管支の一番細い部分に

炎症がおきてしまう病気のことです。


2歳以下の子どもに

多く発症するこが多い病気でもあります。


【原因】


RSウイルス・パラインフルエンザウイルス

などが原因です。


その原因になるウイルスによって、

ひきおこされる病気です。


【症状】


風邪の症状に続いて、

おこる病気でもあります。


空気の通りが悪くなるため、

ゼーゼー鳴るような呼吸をします。


呼吸がしづらくなりますし、

咳が悪化する場合もあります。


呼吸のたびに小鼻が膨らむ、

肋骨の間がへこむなどがあります。


また、唇が紫色になって

チアノーゼが見られたりする場合もあります。


こういった場合は、呼吸困難が

かなり進んでいると思われます。


すぐに病院に行くか、

救急車を呼んでもいいのですぐに対処して下さい。


【ケア】


症状が悪化してしまうと、

入院して治療を受けることもあります。


家庭では、症状が悪化しないように

注意をしていましょう。


悪化しているように感じた場合、

すぐに病院へ行きましょう。


心配な場合でも、自己判断ではなく、

念のため診せましょう。

         

気管・気管支・肺の病気

子どもは、気道に症状が出る病気に
かかりやすいものです。

中には重い病気もありますので、
知識を備えておきましょう。

特になりやすい気管などの病気を
ピックアップして詳しく説明していきます。

このカテゴリ内の記事


急性喉頭炎(クループ症候群)
かぜ症候群
細気管支炎
気管支炎
肺炎







Yahoo!ブックマークに登録