Top >  性器・鼠径部の病気 >  亀頭包皮炎

亀頭包皮炎

男の子におきる病気の中の一つでもあります。


亀頭を包んでいる包皮が、

炎症してしまう病気です。


【原因】


子どもの亀頭は、

包皮がかぶっていることが多いです。


それによって、亀頭と包皮の間に

アカなどがたまってしまいます。


そこに細菌が感染して、

炎症をおこすと症状がでてきてしまいます。


包皮がかぶっていなくても、

きちんと洗わないと病気になってしまいます。


【症状】


亀頭が赤く腫れて、

おしっこする時に痛みをともないます。


ひどい子の場合、

亀頭の先端から膿が出る場合もあります。


【ケア】


病院に行き、抗生物質の内服薬や

軟膏を処方してもらいます。


よく洗って、清潔を保つように心がけましょう。


仮性包茎なら、無理のない程度に

包皮を剥いて洗いましょう。


真性包茎で、たびたび炎症をおこしてしまう場合は

手術することもあります。


仮性包茎…普段は包皮がかぶっていて、手で剥くと皮がむける状態


 真性包茎…包皮が手で剥けない状態

         

性器・鼠径部の病気

赤ちゃんや幼児の時期に、
性器や鼠径部の異常はよくあります。

健診の時にも、医師がきちんとチェックしますね。

性器でのなりやすい病気を、紹介していきます。

このカテゴリ内の記事


停留睾丸
陰嚢水腫
亀頭包皮炎
鼠径ヘルニア
外陰膣炎







Yahoo!ブックマークに登録