Top >  感染する病気 >  流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

耳やあごの下が腫れて、

まるで「おたふく」のように膨らみます。


3ー6歳くらいの間で、かかりやすい病気ともいえます。


【原因】


ムンプスウイルスという、

飛沫感染によってうつる病気です。


潜伏期間は、だいたい2ー3週間です。


【症状】


耳の下にある耳下腺が腫れ、

痛みをともないます。


片側の耳下腺だけ腫れる場合や、

両方腫れる場合とあります。


また、ほおやあごの下まで腫れるなどと個人差はあります。


腫れは、5ー10日間くらいでひいていきます。


高熱が続いてしまうと、

合併症を起こすので医師に診せましょう。


【合併症】


無菌性髄膜炎、脳炎・脊髄炎、精巣(睾丸)炎・卵巣炎、

膵臓炎、聴力障害(難聴)

などの合併症を起こす危険性があります。


【ケア】


特別な治療法も、特効薬もないので安静にしていましょう。

腫れがひどい場合は、冷やすと少しは良くなると思います。


合併症の危険性をともなうので、

高熱が続く場合は医師に相談しましょう。


自己判断ではなく、

相談するか診察してもらいましょう。

         

感染する病気

病気の多くは、ウイルスや細菌による感染症です。
普段から手洗い・うがいを心がけるのも必要ですね。

感染する病気を、紹介していきたいと思います。

このカテゴリ内の記事


突発性発疹
麻疹(はしか)
風疹(三日はしか)
水痘(水ぼうそう)
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
インフルエンザ
百日ぜき
伝染病紅斑(りんご病)
尿路感染症







Yahoo!ブックマークに登録