Top >  性器・鼠径部の病気 >  陰嚢水腫

陰嚢水腫

男の子にしかおきない病気の一つでもあります。


睾丸が入っている陰嚢の中に、

水がたまって膨らむ病気です。


【原因】


おなかと陰嚢の間が、

閉じずに生まれてきてしまいます。


そのため、おなかからの侵出液が

陰嚢の中に入ってしまいます。


そのことが原因で、

陰嚢に水がたまってきてしまうのです。


【症状】


主に、片方の陰嚢が

もう片方の陰嚢に比べて大きく腫れます。


痛みはありませんが、

触るとブヨブヨしています。


陰嚢部分に光を当てると、

透き通って見えるそうです。


個人差がありますので、

みんなが透き通って見えるわけではありません。


【ケア】


だいたいの場合が、6ヵ月ー1年位で

水分が自然に吸収されるそうです。


なので、何もせずに普段通りに過ごしていれば

治ることが多いそうです。


痛みはないのですが、

中には痛みをともなう子もいるそうです。


痛みがある場合は、

他の病気がある可能性があるので

病院を受診しましょう。


男性にとって、大事な部分でもありますので

しっかり治しましょう。


気になることがあれば、

医師に相談することをおススメします。

         

性器・鼠径部の病気

赤ちゃんや幼児の時期に、
性器や鼠径部の異常はよくあります。

健診の時にも、医師がきちんとチェックしますね。

性器でのなりやすい病気を、紹介していきます。

このカテゴリ内の記事


停留睾丸
陰嚢水腫
亀頭包皮炎
鼠径ヘルニア
外陰膣炎







Yahoo!ブックマークに登録