Top >  胃腸・肛門の病気 >  腸重積

腸重積

腸の重大な病気であり、

「ちょうじゅうせき」と言います。


発症したら、すぐにでも

病院へ連れていきましょう。


【原因】


腸が腸の中に入り込み、

その部分がつまってしまう

腸閉塞によりおこります。


生後3ー4ヵ月から3歳くらいまでの

乳幼児におこりやすいです。


【症状】


この病気は、普段生活していて

突然に症状が出る病気でもあります。


少し前は元気でも、突然激しく泣いたり、

顔色が悪くなっていきます。


言葉を話せる幼児であれば、

お腹が痛いと訴えることもありますね。


数分するとおさまりますが、

また10ー30分たつと泣き始めたりします。


痛くなり、おさまり、

少し時間がたてばまた痛むの繰り返しです。


ママがお腹を触ってみた時に、

しこりがある子も中にはいます。


また、嘔吐してしまう子や

ジャムのような血便を出す子もいます。


トイレでしている子は、

ママがきちんと便も確認してみて下さい。


【ケア】


腸閉塞をおこした部分には、

血が流れません。


そのため、その部分が壊死してしまうので

急いで病院に向かう必要があるのです。


発症してから24時間以内であれば、

高圧浣腸して治す方法があります。


時間がたちすぎてしまうと、

手術で治す方法しかありません。


症状の状態にもよるので、

必ず手術というわけでもありません。

         

胃腸・肛門の病気

消化器は、食べ物を消化して栄養を吸収する
大事な場所です。

しかし、子どもの消化器はまだまだ未熟ですね。

そんな消化器の病気について、
子どもになりやすい病気を紹介します。

このカテゴリ内の記事


腸重積
肛門周囲膿瘍







Yahoo!ブックマークに登録