Top >  目の病気 >  睫毛内反(さかさまつ毛) 

睫毛内反(さかさまつ毛) 

まつ毛が目の内側に入ってしまう病気です。


手術しなくてはいけない場合もありますが、

症状によって異なります。


【原因】


乳幼児の目の周りは、脂肪が比較的多いです。


そのため、まぶたが厚ぼったくなり、

まつ毛が目の方に向いてしまうのです。


【症状】


まつ毛が眼球に当たることで、

何かしら目を刺激するような形になります。


充血したり、目やにが多くなったり、

涙目になったりします。


乳幼児のまつ毛は柔らかいため、

角膜を傷つけることはほとんどないです。


しかし、まぶしがるような症状があれば

角膜が傷ついてる可能性もあります。


その場合は、眼科に行って診てもらいましょう。


【ケア】


成長するにつれて、

自然に治ってしまうことが多いです。


でも、念のため一度は眼科に行って

診てもらうといいでしょう。


3歳を過ぎても治らない場合、

手術が必要になることもあります。


まつ毛の状態などにもより、

それは個人差があります。

         

目の病気

子どもの時期は、
視力をやしなう大事な時期でもありますね。

現代社会では、ゲームなどが遊び道具で
目を悪くする傾向がみられます。

目も大事な部分なので、
目の病気も把握しておきましょう。

このカテゴリ内の記事


結膜炎
斜視
屈折異常 
睫毛内反(さかさまつ毛) 
先天性鼻涙管閉塞  







Yahoo!ブックマークに登録