Top >  心臓・血管の病気 >  アレルギー性紫斑病

アレルギー性紫斑病

足などに、内出血による

発疹が出来る病気です。


腎炎をおこす場合もあるので、

注意が必要となります。


【原因】


アレルギーによる、

血管の炎症が原因でおこります。


どうして血管が炎症するのか、

詳しい原因は不明です。


ウイルス感染症や、細菌感染症に

続発することが多いと言われています。


また、薬や食べ物からきている

可能性があるとも考えられています。


【症状】


多くは、小さな子どもや

赤ちゃんに発症する病気です。


手や足などの皮膚の下に、

出血がおきて紫色の発疹が出来ます。


消化器で炎症をおこすと、

腹痛や関節痛をおこす場合があります。


腎臓で炎症をおこすと、

腎炎や血尿になることがあります。


【ケア】


特別な治療方法などは特にないので

安静にしていれば自然に治ります。


痛みなどの炎症が激しい場合、

病院へ行って診てもらうようにしましょう。


腎炎をおこしてしまうと、

定期的に検査を受ける必要があります。


治ったから、そのままにするのではなく

検査をきちんとしましょう。

         

心臓・血管の病気

血液を送り出す一番大事な部分と言えるのは
心臓ですよね。

その心臓に何かがある場合
命の危険を感じると言っても過言ではありません。

そんな心臓の病気について
まとめてみたので参考にして下さい。

このカテゴリ内の記事


心室中隔欠損症
アレルギー性紫斑病
ファロー四徴症
川崎病







Yahoo!ブックマークに登録