Top >  皮膚の病気 >  乳児湿疹

乳児湿疹

生後まもない赤ちゃんに

よく見られる湿疹の病気です。


そんなに心配することもなく、

赤ちゃんには多くみられます。


【原因】


詳しい原因というのは

よくわかっていません。


赤ちゃんの肌がすごく敏感なため、

発症すると思われます。


【症状】


頭や顔や胸などに、

赤いポツポツした発疹ができます。


個人差はありますが、

かゆみをともなうこともあります。


【ケア】


毎日入浴させて、

肌を清潔に保つことが一番です。


刺激の少ないせっけんで洗い、

泡立ててよく洗ってあげましょう。


洗う際、ガーゼなどでこすらずに

手で洗ってあげた方がいいでしょう。


洗った後はよく流し、

ベビー用の保湿剤を塗ってもいいでしょう。


授乳後は、ミルクがついたら

すぐ拭きましょう。


だいたい、生後3ー4ヵ月くらいには治ってきます。


乳児湿疹は、多くの赤ちゃんがなると

言われている病気です。


なので心配する必要はないですので、

神経質になりすぎないようにしましょう。


逆に、全く発症しない子もいるみたいですね。

         

皮膚の病気

赤ちゃんの肌は、乾燥しやすくて敏感肌ですよね。

ちょっとした刺激などでも、
肌に影響がでる場合もあります。

そんな赤ちゃんの皮膚の病気について
詳しく解説します。

このカテゴリ内の記事


乳児湿疹
脂漏性湿疹
おむつかぶれ
あせも(紅色汗疹)
伝染性軟属腫(水いぼ)
ガンジダ皮膚炎







Yahoo!ブックマークに登録