Top >  脳・神経の病気 >  脳性マヒ

脳性マヒ

運動機能に障害が出てしまうという

特徴の病気です。


脳性マヒの原因は、

脳障害発生の時期によって異なります。


【原因】


●胎生期での原因


脳の発育過程で何かしらの問題がおき、

脳に障害が生じてしまいます。


また、脳出血や虚血性脳障害が原因とも考えられています。


●周産期での原因


胎児仮死、新生児仮死、

脳室周囲白質軟化症(PVL)が原因です。


この中のどれかが原因で

脳性マヒになる可能性があるということです。


●出生後の原因


脳炎や髄膜炎にかかり、その後遺症として

原因となる場合もあります。


脳に対する何かしらの損傷が原因とされています。


【症状】


損傷のある場合や、程度によって

症状は異なってきます。


筋肉が緊張して、

手足などがつぱってしまう症状が多くみられます。


この症状が重症だと、歩いたり

物を掴むなどの手足が困難になってきます。


顔の筋肉の緊張が強いと、

うまく話せなかったり

食べ物が食べにくいとあります。


知的障害がある子もなかにはいます。


【ケア】


脳性マヒと診断されたら、

適切なリハビリを受けるようにします。


正常な動きになるように、

訓練をして社会に対応できるようにします。

         

脳・神経の病気

脳や神経の病気では、
生まれつきのものや感染からの病気があります。

発熱から発症してしまう病気も中にはありますよ。
そんな大事な脳の部分の病気を、紹介していきます。

このカテゴリ内の記事


熱性けいれん
憤怒けいれん
てんかん
脳炎
髄膜炎
発達障害
自閉症
ダウン症候群
脳性マヒ







Yahoo!ブックマークに登録