Top >  皮膚の病気 >  伝染性軟属腫(水いぼ)

伝染性軟属腫(水いぼ)

小児になりやすく、

ウイルス感染によってなる病気です。


またの名を、「水いぼ」と呼びます。


【原因】


伝染性軟属腫ウイルスという、

ウイルス感染によって発症します。


乾燥肌の人や、12歳以下の子どもに

発症しやすいと言われています。


また、プールに通っている子なども

なりやすいと言われてます。


【症状】


直径数ミリの大きさで、

つやがある感じのいぼです。


真ん中にくぼみがある

赤色の半球状のいぼができます。


かゆみはありませんが、

だいたい一度の発症で多くの水いぼが出来ます。


いぼが破れてしまうと、いぼの中にある

ウイルスが出てきてしまいます。


その飛び出たウイルスが他の所につくと、

またいぼができてしまいます。


【ケア】


放っておいても治ってしまうので、

特に治療する必要はないと言われています。


しかし皮膚科などでは、ピンセットで

いぼをつまみ取る治療法もあるそうです。


心配な場合は、小児科や皮膚科で

診てもらうといいでしょう。


アトピーなどがある子も、

病院で診てもらった方が心配ないと思います。

         

皮膚の病気

赤ちゃんの肌は、乾燥しやすくて敏感肌ですよね。

ちょっとした刺激などでも、
肌に影響がでる場合もあります。

そんな赤ちゃんの皮膚の病気について
詳しく解説します。

このカテゴリ内の記事


乳児湿疹
脂漏性湿疹
おむつかぶれ
あせも(紅色汗疹)
伝染性軟属腫(水いぼ)
ガンジダ皮膚炎







Yahoo!ブックマークに登録