Top >  性器・鼠径部の病気 >  外陰膣炎

外陰膣炎

この病気は、女の子にしかならない

病気の一つでもあります。


外陰部や、膣に炎症がおきてしまう病気です。


【原因】


大腸菌やブドウ球菌などの細菌が、

外陰部や膣に感染します。


その感染が理由で、

炎症をひきおこしてしまいます。


【症状】


外陰部が、赤く腫れてしまって

痛みをともないます。


また、オムツやパンツに

黄色いおりものが出ます。


【ケア】


軽いおりものでしたら、

外陰部を清潔に保っていれば治ります。


オムツ交換の時、

毎回洗ってあげたりして清潔にしましょう。


洗ってあげる時、

刺激物のない石鹸なので洗いましょう。


ひどい場合は、抗生物質入りの軟膏を

病院で処方してもらいましょう。


また、排便の時は前から後ろに拭くようにします。


後ろから前に拭くと、

大腸菌が入る可能性があるからです。


オムツが取れている子は、

子どもにそう教えてあげましょう。

         

性器・鼠径部の病気

赤ちゃんや幼児の時期に、
性器や鼠径部の異常はよくあります。

健診の時にも、医師がきちんとチェックしますね。

性器でのなりやすい病気を、紹介していきます。

このカテゴリ内の記事


停留睾丸
陰嚢水腫
亀頭包皮炎
鼠径ヘルニア
外陰膣炎







Yahoo!ブックマークに登録