Top >  感染する病気 >  水痘(水ぼうそう)

水痘(水ぼうそう)

水ぶくれのような発疹が、

体中のあちこちに出来る病気です。


1ー6歳の間で、よくかかる病気ともいえますね。


感染力がすごく強いですが、

一回しかかかることのない病気です。


【原因】


水痘ウイルスの感染によっておこり、

咳やくしゃみによって感染します。


潜伏期間は、だいたい10ー21日と幅広でもあります。


【症状】


38度前後の軽い発熱がおこり、

頭や胸や背中に小さな赤い発疹が出ます。


発疹はどんどん大きくなり、

中心にかゆみをともなう水疱が出来ます。


4ー5日後に、かさぶたになっていきます。


かさぶたが取れると、シミになりますが

いずれは消えるので安心して下さい。


赤ちゃんによって症状が少し異なり、

熱の出ない子もいます。


【ケア】


熱が高い場合は、安静にして

水分補給をきっちり行いましょう。


発疹をかきむしらない為に、

きちんと爪を切って手を清潔にしましょう。


水疱を無理につぶしたり、

かさぶたを無理にはがさないようにしましょう。


後が残ってしまう場合がありますので、

自然にしておきましょう。


かゆみが強い場合は、

薬の処方を医師に相談してみましょう。

         

感染する病気

病気の多くは、ウイルスや細菌による感染症です。
普段から手洗い・うがいを心がけるのも必要ですね。

感染する病気を、紹介していきたいと思います。

このカテゴリ内の記事


突発性発疹
麻疹(はしか)
風疹(三日はしか)
水痘(水ぼうそう)
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
インフルエンザ
百日ぜき
伝染病紅斑(りんご病)
尿路感染症







Yahoo!ブックマークに登録