Top >  感染する病気 >  突発性発疹

突発性発疹

6ヵ月ー1歳半の子に多くみられ、

2歳以降ではあまりかかりません。


多くの赤ちゃんがこの病気にかかり、

生後初めての高熱を経験する子も多いです。


【原因】


ヒトヘルペスウイルス6型という、

ウイルスによる感染が主な原因です。


正確な感染経路については、よく解明されていません。


【症状】


突然38度以上の高熱が出て、

それが3日くらい続きます。


高熱があるにも関わらず、

元気でいることが多くあります。


熱以外の症状はあまりありません。

しかし、まれに下痢やリンパ節が腫れる場合がありますよ。


熱が下がるのと同時くらいに、

赤いポツポツした発疹が出てきます。


個人差にもよりますが、

ほとんどの子はからだ全身に発疹が出来ます。


特に薬などいらず

数日後には消えて痕に残ることはありません。


【ケア】


自然に治るものなので、特に心配はないと思います。

念のため、病院に行って症状を見てもらいましょう。


熱が3日くらい続きますので、

水分補給はこまめにしてあげましょう。


なるべく安静にし、

お風呂は治ってからか、拭いてあげる程度でいいでしょう。


※うちの息子は、突発性発疹がけっこう重たかったほうでした。

 熱が40度超えてしまい、本当にぐったした感じでした。

 それが3日も続いたので、けっこう辛かったと思います。


 ちょうど鼻水も出ていたので、鼻づまりに高熱は大変でした。

 そのかわり、発疹がほとんど出ずにすぐ引いたので良かったです。

         

感染する病気

病気の多くは、ウイルスや細菌による感染症です。
普段から手洗い・うがいを心がけるのも必要ですね。

感染する病気を、紹介していきたいと思います。

このカテゴリ内の記事


突発性発疹
麻疹(はしか)
風疹(三日はしか)
水痘(水ぼうそう)
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
インフルエンザ
百日ぜき
伝染病紅斑(りんご病)
尿路感染症







Yahoo!ブックマークに登録