Top >  脳・神経の病気 >  脳炎

脳炎

脳が炎症をおこしてしまう、

脳の病気の一つです。


脳炎の種類のは、

大きくわけると2つあります。


【原因】


ウイルスや細菌の感染が

原因と考えられています。


脳炎には、流行性脳炎と

続発性脳炎があります。


< 流行性脳炎 >


流行性に発病する病気でもあり、

日本脳炎などが代表的です。


その他に、ダニ媒介脳炎、エコノモ型脳炎、

セントルイス脳炎があります。


< 続発性脳炎 >


伝染病などにかかった時におこり、

インフルエンザなどが代表的です。


その他に有名なもので、

猩紅熱、水痘、重金属中毒などがあります。


【症状】


高熱、嘔吐や頭痛、意識障害、

けいれんなどの症状があります。


けいれんをおこした場合、

マヒなどの後遺症が残る場合もあります。


【ケア】


麻疹や風疹、水痘などの感染症にかかると、

脳炎をおこす可能性があります。


脳炎にかかってしまうと、

重い後遺症を残してしまう可能性があります。


そのため、早期治療が必要になってきます。


早めに病院に行って、

適切な処置をしてもらいましょう。


症状がみられたり、

心配な場合でも病院へ行きましょう。

         

脳・神経の病気

脳や神経の病気では、
生まれつきのものや感染からの病気があります。

発熱から発症してしまう病気も中にはありますよ。
そんな大事な脳の部分の病気を、紹介していきます。

このカテゴリ内の記事


熱性けいれん
憤怒けいれん
てんかん
脳炎
髄膜炎
発達障害
自閉症
ダウン症候群
脳性マヒ







Yahoo!ブックマークに登録