Top >  感染する病気 >  麻疹(はしか)

麻疹(はしか)

2ー3歳の子どもにかかりやすく、

とても伝染力のある病気です。


死亡例も過去にあるので、

1歳になったら早めに予防接種をしましょう。


平成18年から、麻疹と風疹は二種混合接種になりました。

これからは一度で接種が済みますので、早めに接種しましょう。


【原因】


くしゃみや咳などの、空気感染でうつってしまいます。

感染者の使ったタオルなどでもうつり、

潜伏期間は10ー12日です。


【症状】


熱が出て、くしゃみなどの風邪のような症状が

2ー4日続きます。


口内には、クプリック斑という特徴的な斑が出ます。


熱が少し下がった後、全身に小さな発疹が出てきます。

発疹は大きくなり、

くっつき合って大きくなり形もさまざまになります。


3ー4日後、発疹の色があせて

熱も下がりますので安心して下さい。


発症から7ー10日後には回復出来ると思います。


【ケア】


特効薬がないので、

安静にして水分補給をこまめに行って下さい。


高熱が5日以上続く場合、

肺炎や脳炎などの合併症を起こす危険性があります。


高熱が気になるようでしたら、医師に相談してみましょう。

軽い病気ではないので、なるべく早めに予防接種をしておきましょう。

         

感染する病気

病気の多くは、ウイルスや細菌による感染症です。
普段から手洗い・うがいを心がけるのも必要ですね。

感染する病気を、紹介していきたいと思います。

このカテゴリ内の記事


突発性発疹
麻疹(はしか)
風疹(三日はしか)
水痘(水ぼうそう)
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
インフルエンザ
百日ぜき
伝染病紅斑(りんご病)
尿路感染症







Yahoo!ブックマークに登録